0258学-まなぶ -> 雑学
ありとあらゆる学問を取り扱っています。

講習・講座 | 先人の知恵 | PC活用 | 健康法 | 雑学
<・・・ 「「フレンド新町店閉店...(5/23)」  「ラーメン店「青桐」開店へ(6/5)」 ・・・>

コメントを読む / トラックバックを読む

筆者:miki (^o^)

2011年5月26日 1時45分


「木綿のハンカチーフ」作詞:松本隆 作曲:筒美京平 歌:太田裕美

太田裕美さんといえば、やっぱりこの曲。普通なら男女のデュエットが定番なんでしょうが、一人二役に歌い分け、当時としては変則的でした。

彼女を残して上京した彼氏がだんだん変化していく一方、帰りを待つ彼女のけなげなさと最後に恋人のことをあきらめる心の変化を歌っています。ありがちなお定まりの物語ですけれど、太田裕美さんの透明な歌声だとずっしりとしたリアリティーを持ってきます。透明感のある声と言いましたが、同時にぼくには舌たらずというか微妙に鼻にかかったように聞こえるのですけれど、みなさんはどうですか。

さて、歌詞では田舎を出たのは都会にあこがれる男性、田舎に残っているのは純朴な女性の設定なんですけれど、現実はその逆が多かったのじゃないでしょうかね。田舎では農家の嫁不足が深刻になってくるのは1970年代でしょうし、この頃は農家の嫁さんのなり手はツチノコ同様まぼろしの存在でした。

「涙拭く木綿のハンカチーフ」は耐え忍ぶ古風な女性をイメージさせてくれますが、こうした女性じたいが日本から絶滅していたんじゃないかな。ぼくがこの歌に根強い哀愁をおぼえるのも今は存在しない大和撫子に対するノスタルジーがあるのかもしれません。

もちろん、これは現代女性に対する悪口ではありません。いまの女性たちは個性を大いに発揮し、かつてないほど魅力的になっていますからね。

ジャンル: カテゴリ:雑学 地域:全地域


<・・・ 「「フレンド新町店閉店...(5/23)」  「ラーメン店「青桐」開店へ(6/5)」 ・・・>

話題を読む / トラックバックを読む

No.1 Re:ぼくはこんな歌を聞いてきた〜「木綿のハンカチーフ」1975年 削除

名前:shima (^o^) 気持ち:★★★★★

2011年5月26日 12時12分

男が都会に行って一騒動あるのが「木綿のハンカチーフ」ならば、女性が都会に行って一騒動が「赤いハイヒール」でしょうか。どちらも良くできた歌だと思います。
当時私もあこがれていた”都会”ですが、今じゃ新幹線で90分。まさか毎週のように往復して生活するなんて夢にも思いませんでした。私も当時からすれば「見間違うようなスーツ」を着てますが、中年太りで汗だらけ。。。
No.2 Re:ぼくはこんな歌を聞いてきた〜「木綿のハンカチーフ」1975年 削除

名前:miki (^o^) 気持ち:★★★★★

2011年5月30日 0時17分

「赤いハイヒール」に登場する男性もちょっとな能天気気味なのが気にかかります。こちらのほうが手の込んだ作曲になっていますね。
コメント・追加情報投稿 Help
タイトル
お名前
(ハンドルネーム)
URL
顔マーク 1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
気持ち 1 2 3 4 5 (1:最低…3:普通…5:最高)
コメント
情報

削除用キーワード
対象話題/コメント
投稿確認をしない

話題を読む / コメントを読む

トラックバック募集中です。
トラックバックURL

http://area.0258.net/trackback.php?item=I20110526014731


地 域
検 索
カレンダー
ミニアンケート
ミニリンク集
携帯サイト QRコード
エリア0258
QRコードをうまく読めないときは、
URL : http://area.0258.net/k/
を直接入力してください。
スタッフ紹介
エリア0258を管理しているスタッフです。
0 KB
もう11月、柿川沿いの紅葉がきれいです。
1 B's
ハイキングウォーキング、いいですね。
2 RED
週末はフットサル活動中!
3 いしまる
貧乏暇なし。健康だけが頼りです。
4
おいしいものを食べながら、痩せたいです。
5 モカ
お笑いをこよなく愛すテレビっ子
6 miki
貧乏貴族を目指して、日々精進

※名前をクリックすると各スタッフが投稿した話題のリストを表示します。
ご意見・ご感想
ご意見・ご感想は下記リンク先の専用フォームからお願いします。